現地調査@バヌアツ

B4の田中です。遅ればせながら8月15日夜から20日にかけて行ってきたバヌアツの現地調査について書こうと思います。バヌアツ沿岸の水深調査と2015年に起きたサイクロン被害の浸水高の調査を行いました。
メンバーは海岸研からは田島先生、下園先生、自快さん、杉浦さん、田中の5人で、現地ではリモート・センシング技術センター(RESTEC)の方々と合流し調査しました。

「行きの」飛行機は順調に飛び、無事にバヌアツに到着、16日は調査器具等の準備をして調査は17日の水深調査から行いました。
水深調査では下のソナーwithビート板が大活躍!船で引っ張るだけで水深データが集まっていきます。バヌアツの特徴的な珊瑚礁由来の地形も多数見られました!

P8170026.jpg
P8170028 (1)
P8170019small.jpg



18日は浸水高調査でした。現地の木材で標尺を作り、自分にとっては懐かしの水準測量。現地の人も協力的に被災時のことについて話してくれました。
P8180124.jpg

標尺を持つ杉浦さん、レベルを見る田島先生、書記をする自分
P8180177.jpg

そしてバヌアツでの最後の晩餐としてホテルのスタッフさんお勧めの店でバヌアツ牛をいただきました。バヌアツでは牛肉が一番安いみたいですね(日本もそうだったらいいのに…)。赤身が特徴的で、牛肉の味がしっかりしながらも柔らかく調理されたステーキは絶品。全員納得の美味しさでした!
IMG_20170818_194034small.jpg


そして現地での最終日19日は、予定していた調査が順調に進んだこともあり、調査を行ったエファテ島のすぐお隣、ハイダウェイ島にてシュノーケリング生態系調査を行いました。
色とりどりの魚たちに加え、大きな魚群やウミガメ(僕は見れませんでした…)が確認できたことをここにご報告します。
P8190179small.jpg

2日目まで自身の研究のため別行動をとっていた自快さんも合流
P8190158small.jpg


最初から最後まで順調かに見えたこの現地調査も、帰りの飛行機でアクシデント。シドニーから飛行機が飛びません。荷物の受け取りや宿泊ホテルの連絡ミスで散々空港内をたらい回しにされましたが(おのれカ○○ス航空)、そのおかげ?で僕は同じ境遇の日本人を呼ぶためにシドニー国際空港でアナウンス(日本語)をするという貴重な体験をさせてもらいました。

緊張の面持ち
P8190226small.jpg

このように、初めての現地調査でしたが、とても有意義な調査を行うことができました。呼んでいただいた先生方、同行してくださった方々、ありがとうございました。次は、もう少し英語力を伸ばして臨みたいと思います…。
今回の結果を研究に活かしながら、これから頑張っていきます!

スポンサーサイト
プロフィール

UTcoastal

Author:UTcoastal
東京大学工学部社会基盤学科:海岸研究室のブログです。

研究に関することの他、研究室内の日常やイベント、学生の個人的な趣味についても書いてます。

今年度は平日毎日更新を目指していますが、土日祝日はきっちり休むホワイト・ブログでございます。

最新記事
最新コメント
カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
2407位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
567位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR