新M1の安藤です!

盛大な前振りをされたので自己紹介せざるを得ませんね。新M1の安藤貴仁です。

川崎グループBBQの様子

昨年度までは同じ水圏グループの河川研の、川崎グループに所属していました。川崎グループと言えばミャンマーですね。僕のミャンマー奮闘記は川崎グループのHP"川崎グループだより"に記載されています。

海岸研でもミャンマーに関わる研究ができたらいいですね!

さて、なぜ河川研から海岸研に"移籍"したのかなのですが、昨年の時点から海岸研に行く気はあったんですよね。

アイスホッケー

しかし昨年の12月までアイスホッケー部に所属していた私は、海岸研の醍醐味である現地観測に行きにくい事に気付き、ゆるふわそうな川崎研に決めたんです。

そんな川崎先生には大変恩義があり、できることならもう2年残りたかったのですが、研究領域を変えることが推奨されているのが水圏環境グループ。そこでもともと行く気があった海岸研移籍することにしたのです。

三保

今思い返せば、昨年度の仮配属の初っぱなが海岸研で、瀬戸さん松葉さん佐藤先生に連れられて、赤松・ちゃんきく・このみん三保の松原の現地調査に行きました。

その際に瀬戸さんありがたい話を聞けていれば、僕の漢字が間違えられていなければ昨年の時点から海岸研志望していたのかもしれませんね。

jr

さてさて、そんな僕の趣味と言えば旅行
JRが所有している全路線約2万キロのうち、99%に乗ったことがあります!!

また、最近は移動手段として鉄道にとどまることを忘れ、飛行機にも手を出しています。

与那国

波照間

河川研の卒業旅行では、日本最西端与那国島最南端波照間島に行き、宗谷岬と納沙布岬と合わせて日本の有人到達限界制覇しました!

そういえば海岸研の卒業旅行はまだらしいね。

図7

またまた、最近はロードバイクにもはまっています。
この前のGWは三島から富士海岸三保の松原天竜川河口と海岸研が静岡で持っている対象敷地を経由して実家のある豊橋に自転車で帰省しました。豊橋と言えば2コ上の羽多野さんの出身地ですね。同郷出身として彼のことをもの凄く尊敬しています!

さてさてさて、僕の紹介はこれまでにしておいて、次はまたまたまた僕がもの凄く尊敬している、卒論最優秀賞である「田辺賞」をとった、すぎうらあつひこ君の自己紹介がお届けされるでしょう!
スポンサーサイト
プロフィール

UTcoastal

Author:UTcoastal
東京大学工学部社会基盤学科:海岸研究室のブログです。

研究に関することの他、研究室内の日常やイベント、学生の個人的な趣味についても書いてます。

今年度は平日毎日更新を目指していますが、土日祝日はきっちり休むホワイト・ブログでございます。

最新記事
最新コメント
カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3415位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
801位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR