天竜川河口へ

なんだかんだで2回目の投稿になります、B4の東です。
B4のみんなが本配属されて大所帯となった海岸研でまったり暮らしてます。

今回は先週同行させていただきました、天竜川河口調査について書こうかなーと。
佐貫さん、佐々木さん、健吾さん、Idaさん主催の調査なのですが、観測機器の取り扱い学習兼お手伝いってことでお誘いを受けたので、喜んで同行させていただきました。研究室に閉じこもっているよりは現地で動きまわったり海を眺めるのは大好きなので嬉しかったです。

IMGP8744.jpg
天竜川河口の砂州の様子(上流側から撮影)

ざっくり言うと天竜川河口の右岸には1km以上はあるような大きな砂州があるのです。
そしてこれが季節だったり洪水だったりで毎年姿を変えるという特徴を持ってます。もちろん左岸側も変化しています。
これの動きや形成の法則の発見、予測などを先輩方は研究したいと考えているのです。たぶん。

IMGP8660.jpg
梅雨時期の調査ということもあり、1日目は小雨が降る中の調査となりました。土砂採集やらRTKやらのやり方を側で学ばせてもらいました。写真は佐々木さんとIdaさん。

IMGP8713.jpg
近くには日本三大砂丘の1つの中田島砂丘というところがあります。広さに感動しつつも土砂供給のことを考えるようになってしまったのはいい傾向なんでしょうか。写真は健吾さんの疾走シーン。

IMGP8726.jpg
2日目は1日目の内容に加えて、水深調査や灯台からの撮影、GPS測量など。
写真は水深調査用の魚探準備中の様子。

IMGP8842-001.jpg
灯台に登ってカメラの様子を確かめに行く健吾さん。
同行したお陰で、調査の計画や実行の難しさも楽しさもちょっと分かったつもりになれた、有意義な機会でした。

2日目の朝は曇りだったのですが、徐々に晴れ渡り、最初や最後の写真のように気持ちのよいお天気に。
……暑いと思っても半袖で調査すると痛い目に遭うこともわかりました、日焼けで痛いです。

IMGP8785-001.jpg

さーて、自分の研究の方も頑張っていきますかねー。以上でーす。
スポンサーサイト
プロフィール

UTcoastal

Author:UTcoastal
東京大学工学部社会基盤学科:海岸研究室のブログです。

研究に関することの他、研究室内の日常やイベント、学生の個人的な趣味についても書いてます。

今年度は平日毎日更新を目指していますが、土日祝日はきっちり休むホワイト・ブログでございます。

最新記事
最新コメント
カウンター
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3293位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
754位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR